交流ネットワークのイメージ

インターネットの歴史を見ると時代ごとに様々なサービスが流行してきたことが分かります。
パソコン通信がメジャーになって、最初にひとつの時代を築いたのはBBSと呼ばれる伝言板です。
伝言板は、その後に「2ちゃんねる」のような形態を生み出し、発展しました。
そして現在、スマートフォンの普及によってSNSがインターネットの主役となっています。

日本のSNSでは、まず最初に日本発のミクシィが大流行しました。
若者世代に限定された流行でしたが、誰でも気軽に自分の情報を発信し、インターネット上で友達を見つけることが可能になったサービスです。
ミクシィでは様々な趣味を持った人たちのコミュニティが立ち上がり、オフ会という文化も根付きました。

有名なSNSの登場

スマホでのSNSイメージ

アメリカからTwitterが上陸すると、瞬く間にミクシィの存在感はなくなり、テキストと画像によるオープンな交流が始まりました。
Twitterにはミクシィのようなコミュニティを形成する機能はありませんでしたが、インターネット上だけで情報交換が完結するサービスとして現在でも高い人気を維持し続けています。

その一方で、Twitterの匿名性には不安を感じる世代がFacebookの活用を始めました。
Facebookでは実名による登録が義務付けられており、やや高い年齢層を取り込むことに成功しました。
職業や年齢などの個人情報を明らかにしたSNSとしても斬新で、一気にユーザー数を拡大しました。

そしてFacebookの傘下にあるインスタグラムが登場します。
インスタグラムは、これまでのSNSとは異なり、写真をメインにしたSNSです。
女性からの人気が高く、インスタグラムで人気の高い写真を撮るためにお洒落なレストランに出掛けるという社会現象まで生んでいます。

またSNSとしての利用方法は限定的であるものの、コミュニケーションツールとして、LINEの存在感も大きいです。
日常的な連絡手段だったメールの存在を脅かす存在であり、タイムラインを有するSNSの機能も持っています。
スタンプを使ったコミュニケーションが幅広い年齢層に受け、有料のスタンプを販売するというビジネスモデルも確立しています。

日本におけるインターネットの歴史は、このように伝言板から始まって、現在は数々のSNSが乱立している状態にあります。
年齢や職業によりメインで使用するSNSには違いがありますが、それぞれが自分に合ったものを選んで使用しており、SNS文化が根付いています。

SNSの第一人者ってなに?

スマホでSNSをする女性

日本におけるSNSの第一人者と言えば、どれでしょうか。
時代ごとにユーザー数が大きく推移していますので、単純に人気だけで比較することは適切ではありません。
それぞれのSNSの特徴を確認しながら第一人者はなんなのか、考えていきたいと思います。

まず、時代的に最も早くに主流となったのはミクシィです。
ですから第一人者としてミクシィを挙げることは決して間違いではありません。
しかし、やや登場のタイミングが早すぎたのか、一時代を築いた割にはあっさりとSNSとしての存在感を失ってしまいました。
今から考えてもミクシィに用意されていた様々な機能はユーザーにとって使いやすく、どうして急に廃れてしまったのか不思議に感じます。

ユーザー数で見れば圧倒的に強いのがTwitterです。
短文を投稿するスタイルを確立したという意味でもSNSの第一人者と呼ぶにふさわしいです。
誰しもが気軽に情報発信をすることができる「呟く」というスタイルが根付きました。
年齢層や職業ごとに使い方は異なりますが、幅広く活用されているのも特徴です。

次にFacebookはどうでしょうか。
匿名性を排除することによって、SNSの信頼性を高めたという意味では第一人者であると言えます。
また、グループやページなどの特色ある機能によって、様々な職業の人がビジネスシーンで活用しています。
信頼性の向上によって幅広い年齢層にSNSを活用する楽しさを伝え、ビジネスユースにも対応したという意味では、Facebookの貢献度は高いです。

インスタグラムは、写真をメインコンテンツとしたSNSの第一人者です。
直感的に視覚に訴えかけるという仕様は、女性にとっては魅力的なものであり、お洒落なレストランや奇麗な風景などを公開するSNSとして、新しいSNSの利用法を提案し続けています。
LINEに関してはSNSの第一人者とするには少し無理があるかもしれません。
あくまでコミュニケーションツールとしての利用が主体となりますので、情報発信を楽しむSNSの枠組みからは少し外れた独自の路線を進んでいます。

このようにまとめてみるとSNSの第一人者となりうるサービスは、数多くあります。
ミクシィは早々と第一人者の地位を降りてしまいましたが、その他のFacebook、Twitter、インスタグラムは年齢層や性別、職業などによって棲み分けがされており、それぞれの特徴を持っている第一人者的な存在です。
様々な特徴を持ったSNSが登場したことによって、年齢層や職業を問わず、SNSを楽しむ文化が根付いたのです。