え、なんで?インスタグラムでアカウントが削除

インスタグラムのアカウントが削除されるという事はペナルティを意味します。
その理由はアカウントを削除されたユーザーが通報されたか、あるいは規約違反が発覚したかのどちらかです。
インスタグラムに限らず公式にユーザーの違反行為を報告できるシステムを「通報」と呼びます。
通報されたユーザーは運営の厳密なチェックを受ける事になりますが他のユーザーの報告が悪戯の可能性があるのですぐにアカウントが削除されない点が特徴的です。

一方、規約違反が発覚した場合は通報とは異なって猶予なしにインスタグラムの使用が不可能になります。
規約違反はコミュニティガイドラインと利用規約の項目に触れた場合に適用するので、削除の手続きをしたわけでもないのにアカウントが消失したなら規約に違反してしまった可能性が高いです。

規約は様々ありますが実例として挙げられるものは限定されます。
まずは営業や嫌がらせを目的としたスパム行為です。
過剰なコメントやメールの作成はインスタグラムのようなサービスを行っているサイトならスパム行為は当然禁止されています。
同様に暴力的表現や性的な表現は予め禁止事項のコンテンツと断言しているので投稿したら通報されるのは当然です。

要するに他のユーザーに不快な思いをさせる迷惑行為がペナルティの対象になるわけですが、インスタグラムは迷惑行為を「本サービスで利用者が他人や法人に対する情報の暴露やストーキング、脅迫や成りすましなどの投稿を行ってはいけない」と厳密に言及しています。
同じく13歳未満のユーザーもアカウントの削除対象です。
実際に専用の通報フォームが設置されています。

以上はインスタグラムを利用する際の違反ですがアカウントの売買も削除される理由の1つです。
アカウントの売買についても前もってコミュニティガイドラインと利用規約で利用者に確認していますが、注意を無視して売買が行われている理由はひとえに魅力的なメリットのせいと言えます。

手段はともかくアカウントを手に入れるという事はアカウントを複数持つという事です。
複数のアカウントを持つメリットはすなわち切り替えにあります。
切り替えが出来れば複数のジャンルを持つ事が出来るうえにビジネスシーンやプライベートシーンなど使える場面を増やせる事はインスタグラムでアピールしていく要因として魅力的です。
注目されたいなら少ないジャンルでアピールするよりも増やして勝負する事が心理的に必然とも言えます。