営業マンはFacebookを活用している

Facebookを仕事に役立てようと考える場合、個人アカウントとは別のFacebookページというビジネス利用専用ページを開設すると良いと言われてます。
Facebookページは多くの企業も開設しマーケティング等に有効活用して売り上げアップやサービスの利用者拡大に役立てており個人事業を行っている人にも非常に有益なページですが、営業マンの場合はやや事情が異なり、個人アカウントをいかに上手く活用して好感度を高めながら人脈を広げ、より良い結果に繋げて行くかという点に集約されています。
営業での成功は不特定多数の人にアピールして知名度をアップすることがすぐに結果に結びつく訳ではないため、重視されるのが個人アカウントが持つ一対一の個別交流の充実です。

営業での良い結果に繋げて行くためにはまずFacebook内で人脈を築くことが重要ですが、最初から営業に役立てたいという気負いが目立っては上手く行かないことから、慣れないうちは現実での知り合いである友人知人に友達申請を送って地道に数を増やし、まだ会ったことがない友人知人のFacebook上での友人からも信頼を得て友達になってもらうという手順が理想と言われます。
Facebookでは友達以外の人からのメッセージが通知されにくいというデメリットがありますが、知り合い以外の人からの友達申請が無視されやすいため、友人記事のコメント欄などからアプローチして名前と顔写真を知ってもらってから申請するほうが承認してもらいやすくなります。

単に友人を増やすだけではFacebook内での自分の知名度や存在感を高められる訳ではないため、Facebookならではのエッジランク式の特性を理解して有効な関わり方を模索する必要もあります。
ビジネス専用のFacebookページには訪問者の属性やいいね数の推移など投稿への反応等がわかりマーケティング戦略にも役立つインサイトという分析機能が備わっていますが、それが無い個人アカウントの場合は特にこのエッジランク式の活用が成否を分けると言っても過言ではありません。
エッジランク式は記事の投稿に対する投稿者と閲覧者の関係性から表示の優先度が変わって来る仕組みのため、いいね・シェア・コメント数・投稿頻度などで左右されます。
Facebookでは基本的に個人アカウントのビジネス利用は禁じているため、営業の仕事に役立てる場合は日々の投稿によって自分自身の人柄を伝え信用度を自然に高めて行くことが個別にアポを取る等の行動を起こす前に重要になることから、エッジランク式の壁を乗り越えられるような自分らしい投稿リズムの構築がカギと言えます。